秀吉は感動する側、利休は感動させる側。

先週の日曜日、鴨川でお茶会が開かれていたそうです。

参加したかったですが、仕事で行けず、写真のみ撮って来ていただきました。

春はお茶会がとても多い時期です。

花を愛でながら飲むお茶は格別おいしいのです!!

お茶といえば千利休ですね。有名な逸話にこんな話があります。

豊臣秀吉が利休に呼ばれて、お茶を飲みに来ました。

すると庭の朝顔が全て切り取られていました。

不審に思いながら茶室に入ると、そこには一輪の朝顔が生けてありました。

一輪ゆえに際立てられた朝顔の美しさに感動したと言います。

私は桜よりも朝顔が好きです。

朝顔は朝しか咲かないからです。咲いている一瞬を逃すとしぼんでいます。

そこに美しさを感じます。

利休の逸話でいうと、秀吉が部屋に入った時、朝顔が咲いていた事がこの話をより感動させます。

お茶会は通常朝に開かれますが、咲くタイミングまでも計算されていたという事になります。

人を感動させる事はとても難しいです。

美しい景色や花を見て感動する人は多いですが、人を感動させられる人は少ないです。

私は秀吉ではなく、利休を目指したいと思います。

平成27年4月19日 寺谷


会員登録リンク

会員登録する(無料)

簡単登録!お気軽にご登録ください!

  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 画像リンク
  • 賃貸物件
  • 画像リンク
  • 画像リンク