平成19年夏号(H19.8)

 『お前はどうなの』


当社は建売りや、古家を買い取り、リフォームして販売しております。
『この物件はすばらしい、これはすぐに売却できる』と惚れて販売すると…これがなかなか売れません。
そうなると、間取りが悪い・道が狭い・向きが悪い…と物件の欠点探しばかり。
物件の長所が見えなくなる営業マン。
これまた同じように人に関しても、『この人はすばらしい人格者』ととりこになりますが、長年お付き合いしていると、だんだんその人の欠点が目につき、その人の長所が見えなくなる。
人間ってわがままで身勝手ですね。
…と言う、お前はどうなのかな。

中積 実

『8つの得』

先日、北脇税理士事務所さんへ、ご相談に行った時に『元気手帳』という冊子を戴きました。
その中のひとつをご紹介します。

   『早起きの“8”つの得』
  1.時間が有効に使える。
  2.頭が冴え、集中力が身につく。
  3.計画的に仕事(行動)ができる。
  4.健康的な体になれる。
  5.全てを前向きに考えられる。
  6.精神的なゆとりが生まれる。
  7.勇気と自信が湧いてくる。
  8.省エネルギーにつながる。以上

   明日から毎朝6時起き!

岡田 賢

『ありがとう』

「ありがとう」の言葉には皆を元気にする力が有ります。
「ありがとう」は自分も周りも幸せにします。
職場に「ありがとう」の輪を広げている若林です。

 今月の目標    情熱を持って仕事に取り組む!

気持ちがこもっていなければ良い仕事は出来ません。 又、単純と思われる仕事でも継続すれば大きな成果をもたらします。
原点に返り、一から情熱を持って
仕事に取り組みます。

若林 優浩

『新景観条例』

京都では9月から新景観条例が施工されます。目的は、高さの規制等により鴨川の土手から大文字の送り火が見えるようにすること・京都の街並を美しくすること。この条例に関しては賛否両論、様々です。
 新築する際は「植栽面積の規定」「オープンガレージが認められない」「風致地区の拡大」などなど。従来から京都は厳しい規制の中に有りましたが…。

うなぎの寝床型の敷地が多い京都の実状からは、現実に規制が厳しいという印象は否めません。
 もちろん、数十年後の京都は、きっと一層美しい街並になっているのでしょう。…それまでに肝心の住民が「京都は思うような家も建てられへんし、よそへ移ろ~」ということにならないといいのですが!

西田 真由美

『犬と甥っ子』

わが家は只今、3人(+犬)家族です。うちの犬はわがままで甘えん坊です。母親が仕事に出かける前は決まって机の下か階段の隅に隠れて出てきません(すねています)。そんなうちの犬に試練が待ち受けていました。
 お嫁に行った姉が先月、真ん丸な男の子を出産し実家に連れてきました。赤ちゃんが増えたことにより賑やかになったのですが、今まで家の中で飼っていたわがままな犬は外に追い出され、誰もかまわなくなってしまったのです。
 犬が毎日ご機嫌ななめなのは見てわかります。可哀想だと思い、私がいつもより散歩時間を延ばしたり大好物なおやつを与えたりしても“家の中に入れないこと”で機嫌は直りません。
 一方、家の中では赤ちゃんは泣き叫んでいます。泣き止みません。何が不満か話しかけても無視(当り前ですが…)、夜中に泣き出す、笑わない、もう人間ではありません…。
 家族が疲れきっていた時、いつもご機嫌ななめで甘えん坊の犬が心配そうに家の中を覗き込んでいます。『あぁ、不安なんかな…心配してるみたい。』それからは、ご機嫌ななめの犬が、じっと我慢しているように思えました。少し成長した犬を見て嬉しく思いました。
 甥っ子が帰ったその日の夜、犬は父が寝ている布団に入って一緒に寝たみたいです。我慢していた何かが
溢れ出したようです。
 今では元通りのわがまま犬に戻りました。最近気づいたのですが、犬の体重が2キロも増えていました。
全て飼主の責任ですね。

山田 裕子

【桝(ます)】

ご自宅の敷地内を歩いてみてください。
 そこには色々な桝(排水桝・雨水桝・汚水桝)が有ります。その桝の蓋を1度開けてみてください。ほとんどの桝は排水管と桝底に段差が付いています。その段差に土などが溜まっていませんか?もしも溜まっていたら掃除をされるのをおすすめします。特にキッチンから来ている排水管の桝に、白い物が付着していたら、それは油が固まったものです。それを放置すると排水が流れなくなり、詰まる原因になりますし、しまいにはキッチンの下から水が出てくる恐れがあります。
 3ヶ月おきにとは言いませんが、せめて1年に1度は蓋を開けて掃除して下さい。そうでなければ、詰まり直し代金が高くつきますよ!大事な資産ですので、ご自分で守りましょう。

 私事ながら、7月に夫婦でオーストラリアのゴールドコーストへ行って参りました。
 結婚して27年間、今まで夫婦で旅行に行ったことが無く、まして海外ですので不安ばかりでしたが、喧嘩などする事も無く楽しい旅行になりました。オーストラリアは冬ですが、日中は日差しが強く、湿度も余り無く、半袖で快適に過ごす事ができました。
 広大な土地に動物園があり、自然に近い状態で動物が飼育されていました。かわいいコアラを近くで見たり、カンガルーは触ることも出来ました。
 夜になると、ひんやりしますが、星(金星・木星・南十字星)が美しく見え、今まで見たことが無い、きれいな星空を
見ることが出来ました。

大路 廣男


会員登録リンク

会員登録する(無料)

簡単登録!お気軽にご登録ください!

  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 画像リンク
  • 賃貸物件
  • 画像リンク
  • 画像リンク